結婚式を終わっての感想

結婚式場の情報をどのように探すかと考えて、田舎なのでゼクシーの記載ページは少なかったので楽天のネットで式場の情報を集めました。
その他のネットでも情報を探しましたが、楽天を中心に使っているので楽天で予約すると式場によってもポイントが違いますが大手だと数千円のポイントが貰えるから結婚後に利用することも可能です。
神社の式場、最近オープンした式場、有名ホテルの式場と見学に行き色々な個性があり自分たちにあった式場を選択するには色々と見学するのがいいかなと思ったのと、見学プランで食事等も付くのもありますのでデート気分で見学するのも楽しかったです。
海の見えるホテルで式を挙げましたが、見学時の印象が一番よく海が絶景でしたが、当日は台風で海の綺麗な景色でなく豪雨の景色でした^^; 式が終わって披露宴はホテル内で移動できるので濡れなかったのがホテルでのいい点でもあるなと式後に気づきました。
結婚式の時期は10月で過ごしやすい時期でしたが人気シーズンで5月に運よく予約できました。
早めの準備がよかったなとそのあと反省でした^^;式場が決まってからのブライダルプランナーとの式までの打合せが始まりました。
期間はあると思ってノンビリ気分でしたが、招待状に出席者の確認が思ってより大変で時間の制約もありバタバタしました。
女性は、ドレス選びもあり種類がたくさんあるので悩み時間が必要かもです?プランナーの相性もあるので相性がいい人だといいですが、あまり合わないとストレスになる可能性もあり自分の相性がいい人を担当にしてもらえることをお勧めします。
やる気のない人だと大変した。
また、席の名前や名称も間違いがありうんざりし、ホテルなのに式で使用する席の札をビニールのまま手渡されがっかりして、世界で有名ブランドのホテルと言いながらサービスをする人がこのレベルだと金額が。


しかし、料理やテーブルのお花などは予想以上によく出席した方から好評でした。
おすすめサイト>>>>>神奈川県の家族婚をするならこちら

ホットヨガは良かったのに続きませんでした。

名前が、変わってしまいましたが、ホットゾーンゼロというホットヨガに有料お試しで2回から始め、
3ヶ月の有効期限の回数券で通いました。
先生方はナイスボディで、目指すにはちょっと素敵過ぎました。
初めてレッスンに参加する時は、レッスン着はとても迷いましたが
結局スポーツジムに行くような、普通なトレーニングウェアにしました。結局続かなかったのそのままの服装でしたが
先生や、慣れたベテラン?常連?の方は素敵なヨガウェアのかたも多々いたので
続けられたら、ウェアにこだわるのも楽しみの1つになるのかなぁと思いました。
照明も暗く、身体が硬い私は人目が気にならずとても良かったですし、
高温&高湿で汗もたくさん出て気分爽快でした。
汗をたくさんかくためにも、水分補給はしっかりした方がいいと思いました。
1リットルのペットボトルを持って行ったりもしまいましたが
周りの方を観察して、500ミリリットルを2~3本の方が飲みやすそうだと真似てみました。
初めての時など、出来る人に目がいき出来ない自分が凄くもどかしかったですが
出来ない人を見つけて、勝手に仲間意識を持ち
最初はみんな出来ないよねと、ちょっとずつ出来る様になったことに目を向ける様に努めました。
男の人も時々おみえでしたが、私は気にならなかったです。
レッスン終了後のシャワールームが狭く窮屈に感じ
徒歩5分ほどの好立地だったのに
汗だくで、自宅に帰ってからシャワー浴びる選択も出来ず
回数券を使い切らず足が遠退きました。
レッスン着やレッスン中に使うバスタオル
シャワー後に使うバスタオルやお風呂セット、お水など
スポーツジムでも、あまり変わりがないかもしれませんが、ホットヨガの教室に持っていく荷物が多いのも足が遠退いた理由の1つです。おすすめ⇒ホットヨガ体験名古屋

正直結婚式のことはあまり明確に覚えてないくらい疲れた

30代後半に結婚式をあげました。
会社の方やゆう人、両家の家族などで300名くらいの少し大き目の結婚式でした。
正直、幸せを噛み締めたとか、感動でしたと言えるほどのことを覚えていないくらい疲れました。
会社の偉い方の、フォローや、来てくださってるかたの心配りなど、色々あって疲れてしまいました。
チャペルの式だけは、何度思い返しても感動です。
披露園が本当に疲れました。
お祝い事でも、お酒が入って来ているから、来賓の方で言いたいことばかり言う人がいて、とても嫌な思いもしました。
あの人呼ばなければよかったとは言えないですからね。
お祝い事ですから、一生のことですから、来賓の人も、その場のルールやマナーをちゃんと守って出席されたほうがいいです。
お祝いと、お酒でシャレにはならないですから。
そんなことでとても疲れてしまいあまり覚えてないです。
でも、チャペルの式は、いつ振り返っても感動です。
父のてから、旦那さんの手に渡すあの瞬間は、感無量でとても息が止まるようなものです。
父は、娘を頼んだよ。
という思いで手を渡す。
旦那さんは、その父からの思い、ここまで育ててくださった全てを受け取り、自分がここから幸せにしていきます。
という違いの思いです。
男と男の言葉のない、違い合いだと思います。
今でもあの父の姿を思い出しただけで、込み上げてきます。
旦那さんと喧嘩したとき、あの時のあの瞬間を思い出してみるのがいいですね。
それくらい、一生、生涯、あの瞬間は忘れません。
チャペルの式は、本当に感動感激そのものです。
そして一番の幸せな時です。
結婚式の素晴らしさそのものです。
疲れた披露園でしたが、結婚式をあげて本当に良かったです。
幸せな大切な瞬間です。

PR:東京都内で人気のホテルの結婚式場をうまく予約するにはこちら

一人暮らしでも安心して任せられました!

専門学校生時代に一人暮らしをしていたときに使っていたレンジが壊れてしまったので捨てようと思っていたのですが、出し方が解らず取り敢えず市の粗大ゴミ回収に電話をかけてみました。

電話に出てくれた女性の方に「初めて粗大ゴミを出すのですが」と口頭1番で言ってしまったのですが、「初めてだと解らないことだらけですよね」と、優しく親切丁寧に1から全て教えてくださり、とても助かりました。
何処で回収券が買えるのか、いくらの回収券を買えばいいのか、名前を書くのかどうか(書かなくても問題はありませんとのことでした)、何処に出しておけばいいのか、いつ回収されるのか、果ては袋に入れておくのかどうか、何処までが粗大ゴミとして扱われるのか、まで全て教えてくださり、初めて一人暮らしをしていた自分にとっては本当にありがたかったです。
電話の最後で、「次はもっといいレンジと出会えますよ」と言われたのにとてもほんわかした気持ちになれました。

ゴミは説明通りゴミ捨て場に置いといたのですが、翌日には回収業者の方が回収しに来てくださり、登校時間とちょうど時間が被っていたので通りぎわに「ご苦労様です」と、声をかけると回収作業をされてた男性の方が笑顔で「おはようございます!いってらっしゃい!」と言ってくれたのがとても印象的でした。

実家に住んでいた頃に頼んでいた回収業者は愛想も悪く、仕事も雑で、粗大ゴミ回収業者にあまりいいイメージがなく、粗大ゴミの回収業者=怖い人たちという思い込みがあったのですが、自分がお任せした回収業者の方々は皆さんがとても親切で丁寧で暖かい方々だったので、安心して任せられました。
女性の一人暮らしでも安心して任せられたので、友達に相談されたらこの回収業者さんをおすすめしています。
PR:粗大ゴミ回収 練馬区

成功とも失敗とも言える私のダイエット体験談

現在50歳代後半の男性です。
多くの同世代の男性が、メタボ体型になっていらっしゃるのではないでしょうか。
私は40歳を過ぎた頃まで腹筋が割れていて、まさかメタボになるとは思っていませんでした。
家庭の事情で50歳で会社を退社し、50歳半ばで一人暮らしを始めました。
男一人ですと食生活がかなりいい加減になり、朝はトースト、昼夜はパスタ、買い物に行くのが面倒な時はカップ麺となり全食小麦づくしになりました。
さらに夏場はアイスキャンディやアイスクリームを買い込み、今思えばこれが決定打になったと思います。
隔月の検診で糖尿病を宣言しなければならない結果と言われて、目の前が真っ暗になりました。
元来、高血圧と脂質異常があり、主治医に糖尿病だけは用心するようにと言われていたのですが。
これら3つの組み合わせが最悪だと言うことも重々承知で、また
家族に糖尿病を患った人も皆無なのに、どうして私がと落ち込みました。
そこですぐに始めたのが食事の改善とトレーニングです。
炭水化物ダイエットですね。
お米は1日に100g、パスタ・カップ麺・トーストなど小麦は禁止で完全な小麦ダイエットも敢行しました。
勿論、アイスクリームなどは言語道断ですね。
以前から甘いものは殆ど摂らず、コーヒーもブラックだったので、こちらはすぐに慣れました。
では何を主食にするかと言いますと、豆腐です。
唯一、日に100gのご飯のおかずは納豆です。
そして、サラダは玉ねぎのスライス、これを1玉程。
トレーニングはウォーキングです。
40歳半ばまで休日や退社後の時間を利用して、ジュニア・サッカーのコーチをボランティアしていましたので、脚力には自信がありました。
しかし、同世代の先輩方が相次いでアキレス腱を切っていた事と(中には普通に歩いていて切られた先輩もいました)、メタボになった今の体型は当時の見る影も無い状態でしたので、ジョギングは見送り、ウォーキングにしました。
初日は家の周りを2km程。
2~5日目は、近所の公園まで往復3km程。
土日はお休みです^^
6~10日目は、コースを変えてやはり平坦な道を4km程。
11~15日目は、小高い丘を選んで約4km、これはかなり厳しかったです。
上りですでに脚にきていましたので、いくら帰りは下りと言えど、家にたどり着くのがやっとでした。
その間の13日目以降はコースを逆にして坂のなだらかな帰りのコースから登り、急坂の行きのコースを下ると言うふうにしました。
これで脚の疲れも多少緩和されたと思います。
半月が過ぎて草丈の長い丘のコースは、蛇が出るんじゃないかと怖くなり(もし出てきてもかなり脚にきていて逃げきれないと思ったから)、ずっと平坦ですが完全舗装の道を6km程。
一か月が過ぎた頃から、往復10kmに挑戦しました。
土日や雨降りは完全休養にして、週に3~5日間を目途に2か月が過ぎました。
体重も76kgから64kgと12kgも減り、検診でも血糖値、ヘモグロビンA1Cともに正常値に戻り一安心です。
しかし64kgは40歳半ばの頃よりも1,2kg少ないのでちょっと吃驚です。
トレーニングも真夏近くになり、週に2~3日程に変更しました。
そしてさらに2か月が過ぎて検診結果ですが、すぐに食事を元に戻すように言われました。
栄養失調の一歩手前だったのです。
慌てて食事を戻すと、季節も重なって、ついついアイスキャンディーなど摂るようになりました(さすがにこれは夏季だけですが)。
併せてトレーニングも週1、2日となりました。
血糖値は何とか落ち着いているのですが、暮れの体重計は78kgを表示していました。
所謂、リバウンドですね。
結論ですが、私の様に血糖値に大きな異常がなければ、ご飯を普通に摂って、小麦ダイエットと週2日の2,3kmのウォーキングでもかなりのダイエット効果があるのではないかと感じました。